Posts tagged: 高岡市

2016合同墓総追悼法要

By , 2016年9月13日 10:20 pm

s-img_9429善興寺の墓地にある合同墓で8月15日16:00から「総追悼法要」が勤修されました。合同墓に納骨された方々の有縁のみなさまがご参集になり、暑い中、亡くなられた方を悼み、浄土への思いをともにさせていただきました。毎年同日、同時刻に行われます。

合同墓について

By , 2013年8月13日 10:37 pm

s-合同墓完成 少子高齢化社会の到来により、近年、善興寺に寄せられるご相談に「私が死んだら、仏壇やお墓をどうすればよいでしょうか。」とか「私の代で家が絶えるので、合同で納骨できるお墓を建てて欲しい」、「お骨をお寺で預かってもらないか」などという内容が増えてきました。

実際に、もうすでに将来を見据えてお墓を解体され、ご先祖の遺骨を善興寺に預けられた方々もいらっしゃいます。このようなご要望にお応えするため、2013年夏、善興寺墓地内に合同墓を建設いたしました。

いのち終えた後、ともにお浄土でお遇いする浄土真宗のみ教えにも適ったお墓の形と考えます。将来のことを見据えたお墓のあり方としてご使用いただければと存じます。遠方の方からもお問い合わせあり、将来的なお墓のあり方の一つとしてご提案させていただきます。 Continue reading '合同墓について'»

第58回早起き法話会

By , 2013年8月8日 2:21 pm
s-DSC_0506

8月1日、福島県双葉町の光善寺副住職、藤井さんのお話

遅ればせながら早起き法話会の報告です。今年で58年目を迎える早起き法話会ですが、各地の布教使さんたちをお招きし、それぞれの視点から仏法のよろこびをお聞きしました。

初日の藤井さんは、福島第一原発の立地している双葉町の出身で、お寺は原発から3㌔しか離れていません。ですから現在もいわき市で避難生活を続けておられます。震災発生時のお話や事故当時のこと、避難生活でのご苦労をお聞きいたしました。

支援活動を通して震災初年よりおつきあいをさせていただいて、今回来ていただく事が実現いたしました。ちなみに藤井さんのお寺光善寺さんは初代が高岡市麻生谷の西光寺から相馬へ移民されたお寺です。 Continue reading '第58回早起き法話会'»

支援物資の準備

By , 2011年4月25日 11:48 pm

常備薬を箱に詰める作業

いよいよ明日の出発に向け、支援物資の準備をしました。数種類の常備薬を袋詰めし、みなさんに分けられるように箱詰めをしました。高岡市は、「支援物資つなぎボランティア」という活動をしていて、被災地へ市に寄せられた物資を届けることで高速料金とガソリン代の助成をしてもらえます。おむつや水、傘などを選ばせていただきました。また、市役所で市長から「災害時派遣等従事車両証明書」を発行していただき、安心して現地へ向かうことができるのです。明日は高岡教区の若院4人で仙台に向かいます。また、現地での報告をしたいと思います。

Continue reading '支援物資の準備'»