Posts tagged: 棟方志功

第5回南砺で志功にどっぷり

By , 2014年9月14日 8:19 pm

写真 5棟方志功画伯ゆかりの地、南砺市をたずね、絵手紙のたのしさを学ぶツアー「志功にどっぷり」の第5回が開催され、最初の会場として善興寺が選ばれました。これは4年前の2010年9月、第1回開催の終了後、日本絵手紙協会の専任講師の田口孝夫さんが来院されて本堂の『御二河白道之柵』をご覧になり、感応された田口さんが一気に写して行かれたことに端を発します。そのときのことが強烈に印象にあったので、今回の第5回の会場の一つとして善興寺を選ばれたのでした。

全国各地から80人近くのみなさんが大型バス2台でお越しになられました。折しも9月13日は棟方志功さんの祥月命日。善興寺の略伝から前住職の棟方志功さんとの邂逅や交流のエピソード、 Continue reading '第5回南砺で志功にどっぷり'»

いきいき古刹探訪サークル来寺

By , 2013年9月11日 8:48 pm
s-DSC_0757

庫裏の広間での一コマ

中高年のみなさんが県内の古刹をめぐるサークル、「いきいき古刹探訪サークル(藤田勇信代表)」のご一行が来寺されました。数ヶ月前から役員の皆さんが打ち合わせに何度か来られて今日の日を迎えました。珍しく前住職、住職、坊守が親戚の法要へ参勤のため不在、若院夫妻が応対しました。

善興寺の歴史や中田保育園のこと、棟方志功さんの作品のこと、震災支援の活動などをお話しして、一時間弱の滞在のなかで60人の参加者の皆さんと有意義なひとときを過ごさせて頂きました。目をキラキラさせてお話を聞いて下さり、好奇心おう盛なみなさんから Continue reading 'いきいき古刹探訪サークル来寺'»

棟方志功・越中ものがたり

By , 2013年4月9日 10:14 pm
s-DSC_1889

表紙:飛鳥一三美歌集装丁画より

このたび、前住職、飛鳥寛栗の著書『棟方志功・越中ものがたり』が桂書房より発刊されました。

奇しくも、今日、福光美術館が棟方志功幻の作品のひとつ『善知鳥(うとう)版画巻(1938年、全31柵)の29番目の作品「責苦(せめく)の柵』を購入し、常設展示するというニュースが報じられたばかり。不思議なご縁を感じずにはおれません。ニュース記事

板画家・棟方志功との親交や善興寺との関係、富山県疎開時代のさまざまなエピソード、浄土真宗との出遇い…など、新たな棟方志功に出会える内容です。ご一読ください。お求めは、お近くの書店まで。2,100円(税込み)詳しくはチラシをご覧下さい。棟方志功チラシ

 

民藝ゆかりの地を訪ねる

By , 2013年2月7日 10:47 pm
エスコートツアー

チラシ クリックして拡大

旅行代理店JTBさんの企画でこのたび、越中飛騨観光圏タイアップ企画1「テーマでめぐるエスコートツアー 民藝ゆかりの地を訪ねる」という旅行の訪問先のひとつに善興寺が選ばれ、棟方志功さんの作品をみて、お話をさせていただくことになりました。日帰りで朝から南砺市の各地と、最後に善興寺を訪れる内容になっています。

と き 3月19日(火)

朝7時〜午後5時まで

料金は7,800円(バス代、昼食込み)

定員は20名まで。詳しくはチラシをご覧下さい。

お問い合わせは(株)イルカ交通さんTEL(0766)25-2244まで。

邦楽CD「白道」発売

By , 2012年9月26日 9:29 am

棟方志功さんが富山県疎開時代の最後に善興寺で描いていかれた『御二河白道之柵』から生まれた邦楽「白道」を含むCDがこのたび発売となりました。これは、大谷派の坊守さんで作曲家の前田智子さんが善興寺を訪れた際、本堂にある『御二河白道之柵』を見て感動し、生まれた二十五弦箏と尺八の曲です。2008年にはこの曲を含む作品が文化庁の賞を受賞し、それを記念して本堂で「棟方志功を聞く」というコンサートも開かれました。去年はちょうどこの絵が描かれてから60年の記念の年でもありました。

この作品は唐の善導大師が観無量寿経の注釈書に著したたとえ話「二河譬」をモチーフに描かれたもので、前住職が深く関わっているご縁でジャケットのタイトルを揮毫しています。素敵な楽曲ですので、よかったらお求めください。善興寺では法要のときのBGMとして流しています。